先頭頁 > 暦 > 6月, 2006

6月, 2006

ロタ旅行の不安 その2

海外旅行で不安に思う事の一つは現地の治安だ。
ネットでロタの治安を調べてみると、予想外に良さそうである。日本よりも治安が良いと書いてあるところも有る。又、反日感情を持つ人も居ないようである。どうやら心優しい人たちが住む島の様だ。でも、実際に行ってみないとわからないので、油断は禁物だな。

東京ディズニーリゾート

ロタからの帰国後、その足で東京ディズニーリゾートに行く事に決めた。平日に行けるチャンスだと思ったので。思えば最後にディズニーランドに行ったのは中学の修学旅行だな。最後と言うかその1回のみなんだがね(^^;

ロタ旅行の不安 その1

初めての海外旅行で一番不安に思ってる事は言葉である。
ロタの公用語は英語とチャモロ語で、チャモロ語なんて全くわからんので、会話となると英語になる。しかし会話できるほどの英語力がないので、いざとなれば片言の英語とジェスチャーで意思疎通にチャレンジだな。ロタでの宿泊先、ダイビングショップには日本人が居るので、言葉の心配は要らない。英会話が必要になってくるのは恐らく空港と食事する所じゃないかな。学校で得た英語の知識がどこまで通じるのか、せっかくの海外なのでチャレンジしてみたいと思う。一応、旅行英会話の本を買って勉強中。

美らさん

という沖縄特産品を売る店がショッピングモールにオープンしてた。店は狭いが、いろいろな特産品を売ってた。その中には宮古島の特産品も。それを見た時はちょっとがっかりしてしまった。でも沖縄の食べ物は好きなので、こういう店が近くに有ると気軽に買えるので良いと思う。大好きなアイス、ブルーシールも有った!!もちろん食べてみた。やっぱりうまい!!

ロタホール

体験ダイビングでロタホールに行けるかダイビングショップに聞いてみたところ、行けないと返事が返ってきた。ダイビングの基準で決められているそうな。残念。仕方無いのでロタブルーの海を楽しんでこようと思う。
ダイビングはそんなに出来る機会は無いだろうし、体験ダイビングでも十分楽しめると思ってた。十分楽しめるんだけど、行きたい所に行けないってのは寂しいな。いろんな所を見るにはライセンスが必要だな。いつか機会が有ったらライセンスを取ろうと思う。

夢散る

ドリームジャンボはずれた(T_T)
ドリームが・・・。
ちっとも当たらない。
どうなっとんじゃー!!
と叫んでもしょうがない。
次はサマージャンボで。
再びドリームを。

Rota Island

ついに初めての海外旅行へ出掛ける。
7月2日から6日までロタ島へ行って来る。北マリアナ諸島の一つの島でグアムから飛行機で30分の位置にある小さな島。
何故ロタか。きっかけはフジテレビ。世界の絶景100選という番組でアンガールズがロタホールを見に行ってた。ロタホールとは水中洞窟の事で、ロタブルーと言われる青い海に、天井に空いた穴から光が差し込む幻想的な所。そう、その幻想的な世界に魅かれてしまったのである。しかしロタに行けば簡単に見れるもんじゃないらしい。時期や時間が限られ、さらに天気が良くないと見れない厳しい条件。そしてさらに俺はダイビングライセンスが無い。恐らく体験ダイビングでは連れて行ってもらえないんじゃないかと・・・。もっと調べてみようと思う。もしロタホールへ行けないとしても、ロタの海は透明度70mと言われてるそうなので、綺麗な青い海を期待して体験ダイビングをしようと思う。
JTBに飛行機とホテルの予約をお願いしてきた。初の海外なのでいろいろ不安ではあるが、いろいろ楽しみでもある。

本日のランチ

本日のランチは道の駅伊王野で蕎麦。もりそば大盛りに野菜天ぷらを付けて900円。蕎麦の香りがして美味しい。天ぷらはサツマイモ、春菊などで抹茶ソルトを掛けて食べる。カリカリしてて美味しい。食後のデザートはソフトクリーム。計1150円。ちょっとリッチなランチになってしまった。

もうじき入梅。
天気の悪い日が多い。
家の中は湿度が高くなり、じめっとして嫌~な季節になる。
そして今年もどこから湧いて出てきたかわからん小さな黒い虫が飛び始めた。殺しても殺しても出てくる。下水なんだろうかと思うが、効果的な対峙法がないもんかなぁ。

道交法改正で駐車が

駐車難しくなってしまった。しばらくは取り締まりを強化するようだから気をつけねば。てか違法駐車はしちゃいかんよね(^^;
俺は仕事で車を使わないから良いけど、仕事で使う人は大変そう。郵政公社の車は良くて、他の運送会社の車は取り締まるというのは不公平だと思う。
新しい法律が施行されるとテレビのニュースで流れるが、取り締り員に文句言う人、言い訳する人や逃げる人など、今回も見てて面白かった。

先頭頁 > 暦 > 6月, 2006

連絡帳
メタ情報
訪問者数

頁上部へ